「愛しのフレディ」

 

「Queenの映画あるよなっ!」

そう言えばきっと

「そうそう、行こうと思うてたんよ、一緒に行こうや!」

そんな返事が返ってくると思っていた私。

 

私にQUEENを教えてくれたK子は

「なんかヒロシ(だんな)が行きたい言うとったわ」と

本人は関心なさそうで誘えなかった。

ああ、でも色んな音楽いっぱい聴いてたA子がいたいた。

「なんかヤっちゃん(だんな)が珍しく行きたい言うとって

一緒にレイトショー行くんよ」

それじゃあお邪魔出来んわー。

こうなったらもう一人、音楽全般好きな人がいた。

「お母ちゃん、Queenの映画観に行かん?」

にい母は「アンタ誘う人誰もおらんのんな?」と断られた^^;

 

こうなったら一人で観に行くかと思っていたら

ふと高校の部活で一緒だったJ子を思い出した。

二人でよくフレディの話をしたりミュージックライフなる雑誌を

よく見ていたなあ。

フレディが亡くなった時は電話をくれたっけ。

でもそんなJ子とは高校卒業後、7年前にあった同窓会以来

連絡したこともなかった。

このケータイは生きてるのか?

メールを送ったが返信はなかった。

それからしばらくして番号にかけると繋がったが慌てて切った。

すぐ後に携帯が鳴って出ると

「ぎゃははは」と笑い声が聞こえ

「映画予告観てmicoちゃんの事思い出しとったんよー。

思いだしながら昨日映画一人で行こうかと思うたけど

結局行かんかったん。行かなくてよかったー!

行く!行く!一緒に行こうや!フレディに会いたい!」

 

盛り上がった私達。

「私、泣くかもしれんけんよ」とJ子。

「私なんか予告観てもうすでに泣いたけん」と私。

おばちゃん二人派手に泣いてもいいように一番後ろの席を取った。

 

ストーリーはQueen(フレディ)のロックバンドへの道のりを

描いたもので、友情や、愛、孤独、、、

まあありがちなもので、映画的演出もあるように思えた。

でも久し振りに聴くQueenの曲をいい音で聴けたことが良かった。

一番良かったのは

エンドロールで本物のQueenが演奏している姿だった。

 

中学生の頃Queenを知り

顔の濃いフレディに何故かしら夢中になった。

あの濃い顔から(顔は関係ないけど 笑)出す

メロディアスな声に魅了されてしまった。

当時変な格好のフレディにセックスアピールを感じ

私のおっぱいが大きくなったのかもしれない(誰も聞いてない)

 

映画最後のライブエイドの映像。

多分その時のフレディは39才。

若い頃オッサンとして見ていたのに

今フレディの年を遥かに越えた私は

映画で観た

みんなとバンドを始めた頃のフレディ、

やりたい放題のフレディ、孤独だったフレディ、

そしてみんなと仲直りして

ライブエイドで生き生きとパフォーマンスするフレディを見て

フレディが愛おしくてたまらなかった。

フレディを抱きしめてあげたい気持ちだった。

 

映画を観終わった後J子が

「涙は出んかったけど母性が噴き出したわ」と言った。

J子、お前もか 笑

 

家に帰ってレコードを探す。

肝心のボヘミアンラプソディが入ったレコードは持っていなかった。

「うちにあるでー」とA子。

さすが音楽好き。

 

夜、一人静かにQueenを聴いている。

- | comments(2) | trackbacks(0)

「狭いスペースで楽しむために」

 

ウッドデッキを作ったことで

植物を世話するスペースがなくなってしまったので

この冬、作ってある花壇を壊して

作業スペースを作ろうかと考え中。

 

花壇に植えてあったものは寄せ植えにでもしないといけないかな、

そんな事を考えていると

寄せ植え、、、寄せ植えなっ!!!

ちょっとやってみたい事を思いついた。

 

それをする為にこの冬じっくり考えてみよう。

 

α7s + Sonnar T* FE 55mm F1.8 | comments(0) | trackbacks(0)

「誕生日GOGO(55)」

 

昨日、私は55になった。

にい母に

「私何歳になったと思う?」と聞くと

「5じゅういくつ」と言った。

 

 

にい母は忘れてもこの二人は覚えてくれている。

美味しいもん食べさせてくれた。

それから私のリクエストを叶えてもらう為に

本当に久しぶりに3人で出かけた。

 

二人が車の後部座席でおしゃべりするのを楽しく聞きながら

25年前に3人で行った灯台に行く為に因島に渡った。

25年と言う年月は記憶がなくなるには十分の期間で

何でそこに行ったのかとか、

灯台付近に着いた場所も、灯台まで行く山道を歩いても

3人の記憶は戻らなかった。

でも灯台が見え看板を見た途端

「ハイハイ、思い出したー!」笑

 

25年振りに見た灯台はボロって感じになっていた。

そりゃ25年も経てばね、私だってかなりボロボロよ 笑

 

 

灯台まわりをウロついたり

海辺に降りて

25年前に砂浜に日付を書いてその前で3人で写真を撮った、

それと同じように写真を撮った。

 

「やることが昭和やな」

そりゃ55だもの 笑

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(2) | trackbacks(0)

「思い出のオイルサーディン」

 

スナックでバイトをしていた若かりし頃、

そこで初めてオイルサーディンを食べた。

 

狭くて薄汚れた調理場で

「これはこうやって出すのよ」と

歌の上手いひろみちゃんが教えてくれた。

オイルサーディンの缶詰の蓋を缶切りで開け、

それをそのままコンロにかけグツグツ沸騰したら

その上に七味をかけて出来上がりで

缶のままお皿の上に乗せて出すと言う簡単なものだった。

 

「初めて見た」と言う私にひろみちゃんは

お客に出すオイルサーディンの一匹を箸で取って

私の顔を見てウィンクしながら自分の口を開け

いいの?顔の私の口の中に入れてくれた。

 

その時のオイルサーディンの美味しさは

30年以上過ぎた今でもハッキリ覚えているし、

その後1、2度食べたけど

その時の美味しさを超えるオイルサーディンはなかった。

 

それ以来オイルサーディンが食べたいなあと思いながら

スーパーで見かけても

何気に高いので買うことはなかった。

 

それがある時ネットで自家製オイルサーディンが作れるのを知り、

いつか作ってみたいと思っていた。

3連休初日の今日、

スーパーで真イワシが98円で売っていたのを見つけ

今日作らなきゃいつ作る?!で作ってみた。

 

作り方は超簡単(意外です)

イワシの内臓を取って水洗いし塩水に1時間ほど浸した後、

オリーブオイルににんにく、ローリエ、粒こしょう、とうがらしそしてイワシを入れ

超弱火で1時間煮れば完成。

 

ひと口食べてみた。

「旨い!!!」

缶詰とはまた違った美味しさだ。

1〜2日ほどおいてからのほうがいいみたいだけど、

待ちきれないから

明日の朝、バゲットにオイルサーディンと玉ねぎやトマトをのせて

食べようと思ってる。

こうなったら朝から1杯やる?

α7s + Sonnar T* FE 55mm F1.8 | comments(0) | trackbacks(0)

「ナンキンハゼ様 来年また会いましょう」

 

にい母、何をしているのかなー?

 

 

ほうきで

 

 

ウッドデッキに落ちている落葉をカゴに集めているのでした。

 

うちのナンキンハゼももう終わり。

葉っぱがすべて落ちた。

今年も楽しませてくれてありがとう。

 

こうなると冬の間にも元気な植物が欲しいと思う。

シーズン的に、、、、モミの木?

結構高いんだよな。

 

α7s + Sonnar T* FE 55mm F1.8 | comments(0) | trackbacks(0)

「紅葉日和」

 

恩原高原に紅葉を観に行った。

恩原湖のまわり、大好きな場所。

紅葉シーズンでもあまり人はいないし

静かでゆっくりと景色を楽しめる。

お天気最高、景色最高だった。

 

 

 

 

毎年繰り返される景色だけど

毎年微妙に違って見えるのは

私の一つづつ増える年令のせいか?

 

大好きなススキを見て、落ち葉いっぱいの中を

ガサガサ歩いて、楽しかった!

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(0) | trackbacks(0)

「私の休み」

 

明日は白内障の術後検査でにい母を病院に連れて行く。

ついでに歯医者も。

GWに仕事に行ったその代休はすべてにい母の病院付き添いに消えた。

 

KONICA MT-7 | comments(0) | trackbacks(0)

「もうちょっとなカフェ」

 

近所にカフェが出来ている。

いつ前を通っても駐車場に車はない。

にい母と散歩がてら行ってみた。

私達二人だけ。

 

お店の雰囲気、店主の雰囲気、メニュー、、、

お客が来ないのがなんとなくうなずける。

 

気分転換と散歩で疲れたにい母の休憩所、

そんな場所と思って行くのがいいかも?

 

 

KONICA MT-7 | comments(0) | trackbacks(0)

「長尾姉さんからの手紙」

- | comments(2) | trackbacks(0)

「今日から11月 長巻フィルムを詰める」

 

「これ、どうにかならんのん?」

 

と にい母にうっとおしそうに言われたのは

長巻フィルムが入ったフィルムローダー。

うちの20年近く使っている小さな冷蔵庫の上段に

味噌、お好み焼ソース、私のアイスコーヒーと炭酸飲料、そして

フィルムを詰めたカートリッジとともにある。

 

「それでなくても物が入らんのに・・邪魔やわあ」

 

そう言われてフィルムローダーを早く冷蔵庫から出すために

パトローネに10本ほど詰めたけど

それでもフィルムローダーに入っているフィルムはなくならなかった。

 

結局フィルムローダーと

パトローネに詰めたフィルムが10数個冷蔵庫に。

どうにかなるどころか増やしてしまった。

 

いっぱい撮ろうね、11月。

α7s + Sonnar T* FE 55mm F1.8 | comments(0) | trackbacks(0)