「寒いと思ったら」

 

 

今朝起きてトイレに行く時

半袖ロンTでいたせいか「今日は寒いな」と思ったら

外を見たらなんと雪が積もっていた。

久々の積雪、

近所のあちこちで子供が雪だるまを作っていた。

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(2) | trackbacks(0)

「まったり3連休」

 

肩甲骨の下くらいまであった髪を切った、若々しくなるために。

それなのに余計に老けたように見える。

去年から4キロ近く太ったのもあり

丸い顔が余計に協調された。

美容師さんには悪いが自分でカスタマイズした。

最悪になった。

しばらく誰にも会いたくないわ。

 

**************************************************************

 

2月は寒い月ではあるけど私はすごく春を感じる月でもある。

寒い寒いとは言うがここ倉敷はそれほどじゃない。

真夜中の今、エアコンはつけず半袖のロンTでコタツに足だけ突っ込んでいる。

快適だ。

 

**************************************************************

 

明日はカラオケに連れてけと言うお母ちゃん。

何歌おう、私。

QUEENじゃろ!

手をとりあって をよく歌います。

今頃だけど

QUEENの歌って前向きな歌が多いんだな。

連休最終日はそんな感じ。

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(2) | trackbacks(0)

「お母ちゃんの欲しいもの」

 

「丸いテーブルが欲しいなあ」

と好きなことを言ってくれるお母ちゃん。

丸いテーブルと言うのは食卓テーブルの事。

狭いところにテーブルを置いてるので

今のテーブルを丸にすれば

少しは通りやすくなるはずと言うのだ。

壊れてるわけじゃないのに買うのは無駄と

知らんフリしているけど、

お母ちゃんがあと何年元気でいてくれるかと思うと、

お母ちゃんが欲しいと言う物をたまには買ってあげてもいいのかな。

年を取られると甘くなってしまうわ。

他にも

冷蔵庫、洗濯機も欲しいと言うてます^^;

NIKON 50mmm F1.4 | comments(0) | trackbacks(0)

「実はアメリカに行ったことがあるんです」

 

新婚旅行はアメリカに行ったもんち君が

グランドキャニオンまでセスナ機で行って、そのセスナ機が

すごくボロボロで怖すぎたという話を

面白おかしくしてくれた昼休み。

「グランドキャニオンにしろラスベガスにしろ

そこに行くまで何もなかったろ?」と言うと

「知った風に言うなあ」と笑うもんち君に

「実は私、アメリカに行った事あるんよ」と告白した。

告白したというのは大げさだけど、

いつも新幹線も電車もバスも苦手で方向音痴、

飛行機なんで怖くて乗れない倉敷にいるのが一番と言っているので

そんな私がまさか海外旅行に行っていたとは思ってもないだろうと思って

"告白"と表現してみただけなんだが。

多分、ブログを読んでくれている人も

そんな私が海外旅行なんか、と思っているだろうし、

36年も前の事をそれはもう行ったには入らないだろうと

「海外旅行は行ったことある?」と言われても

「ううん」と答えていた。

でも本当は私

「アメリカに行ったことあるんです」

 

中学生から高校生の頃(70年代後半から80年代)

ロック好きの友達K子からQUEENの存在を知らされ、

そこから英語や海外、特にアメリカに興味を持った。

その頃、ペンパル(ペンフレンド)が流行っていて、

いくらか払うと海外の人を紹介してくれ文通を始められるコーナーが

マンガ雑誌の後ろのほうにあって、

英語や海外への憧れから文通を始めた。

そしてアメリカのコロラドの男性(中年だったはず)と

文通を始めた。

 

中学、高校の頃英語を授業で習っていると言えど

頭が悪すぎてほとんどわかってなかったので

相手から来る手紙の内容は、

キチンとした文字じゃなかったのもあって

1/3? いや 1/10 くらいしかわかっていなかったと思う。

それでも英語を辞書で調べながら手紙を書き、

返ってきた手紙を辞書で調べながら読むのは

とても楽しかった。

英文の手紙が赤と青のエアメールの封筒でアメリカから届く、

それだけで十分海外を感じる気分に浸れた。

 

そんな文通は高校を卒業しても続き、

どこでどうなってそういう話になったかまったく記憶にないが

ペンフレンドの住むアメリカコロラドで

ひと月ほど滞在すると言うことになった。

36年も前の話、本当にそこのところの記憶がなくて、

多分、友人K子とアメリカに行ってみたいねみたいになって、

じゃあペンフレンドに言ってみようか?みたいになって

友達もいるし友達についていけばいいと思う気持ちがあり

そうなったんではないかと思う。

 

ペンフレンドは空港まで迎えに来てくれ

そこからディズニーランドやグランドキャニオン、ラスベガスなどに

連れて行ってくれた。

そしてそのペンフレンドの家に・・・・・・・とはならなかった。

それはなぜか?

何かこう、、、うまく意思の疎通が出来なくて

とてもとても気まずくなったから。

 

文通というのは本人に会わずして会話をしているようなもので

それは私にとってとても気楽で都合のいいツールだったと思う。

この年になり今では緊張はするものの誰とでも話をするようになったが

その当時の私の恥ずかしがり、無口、無愛想、堅物っぷりは今でも友達に

「あのころのアンタは・・・」と言われるくらい酷いものだった。

そんな私が言いたいことも言葉にできず、ましてや初対面の人、

でもとても良い人だというのはわかるのに

うまく自分を表現できず、心を開けず気まずくなって行くのが

いたたまれなくなったのだった。

私がそんなだったから友達のK子もおとなしくなって

ペンフレンドも困り果てたんだと思う、

「もうここで別れよう。あとは自分たちで帰って」と言って

私たち二人を置いて帰って行った。

 

ここまで話をしてあまりに昔のことなので

自分の記憶があいまいで本当のところこうだったのかどうか

よくわからないが、多分こんな感じだったのではないか。

よく覚えてないけれどこれだけはハッキリ言える。

"あの時の私は酷かった。ペンフレンドに本当に悪いことをした"

いくら若かった、人が苦手だったと言えど、

わざわざ来てくれたのに気まずい雰囲気を醸し出し

本当に申し訳なかった。

あの時の自分に会えることができるのなら

ビンタ1000回しても足りないくらいだ。

 

ペンフレンドと別れた後、

私とK子は夜行バスでアリゾナからロサンゼルスに戻り

それから数日楽しくブラブラと過ごした記憶が残っている。

楽しくだ?!そう楽しかった記憶がある。

そんな自分を思い出しビンタ10000回じゃわ!

 

そんなアメリカは

本当に申し訳なかったペンフレンドとの苦い思い出になっている。

だから

「アメリカに行ったことある」とはなかなか言えないのかもしれない。

 

しかし、今は海外って本当に身近になったなと

行かなくても感じる。

みんな隣町に行く感覚で行ってるよね。

でもワールドナローで怖がりな私に海外はもうないんじゃないかな、

そう思う。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

「笑いすぎておなか痛くなる」

 

友人K子が

「おばちゃん(彼女のお姉さんのこと)から入るLINEが読めん」

 

LINEやメールでの変換ミスや誤字が多いって話してたらそう言うので

見せてもらったら

「        」

それが面白過ぎて腹をかかえて涙を流しながら笑ってしまった。

それから何度も思い出しては一人で笑っている。

一人で何度も笑ってはいるんだが

「      」の部分を思い出そうとしても思い出せんのじゃ。

思い出せんのじゃが思い出して笑っているって

おかしいじゃろ?

NIKON 50mmm F1.4 | comments(0) | trackbacks(0)

「寒くても外でゴソゴソするのが好き」

 

刈り込んだバラ。

寒い日に見ると余計寒そうに見えるね。

これで春にはいっぱい葉っぱをつけて花を咲かせてくれるはず(はず)

 

 

壊れていたりボロボロだったりするけど捨てられないものってある。

もう捨ててもいいんじゃない?と言われそうなこの椅子がそう。

座の板が2枚取れていたので家にあった板で修理。

これでまだもうちょっと使えるな。

ちなみにこの椅子、座ったことはなくて

もっぱら植物を置くために使っている。

今年はこの上に"クレマチス"の予定。

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(2) | trackbacks(0)

「冬にやっておくこと」

 

お正月に出勤していたのでその代休を明日もらった。

明日どうしてもしておかないといけないこと。

この↑バラの剪定。

暖かいせいか花がずっと咲き続けているけれど

「今月中に」と会社の花作り名人に言われたので。

春に花も葉っぱも元気に咲いてもらいたいもんね。

 

今年は前よりもっと狭い場所でのガーデニングになるので

色々考えないといけないことばかり。

NIKON F3 50mm | comments(0) | trackbacks(0)

「こんぴらさんで」

 

お参りして降りてきた時には

お面は5つほどしか残っていなかった。

 

開運

開運の運

人って生まれてくる時決まった数の運を持って生まれてくるんじゃないのかな?

そうだったら私の運はあと何個残ってるんだろな。

 

NIKON 50mmm F1.4 | comments(0) | trackbacks(0)

「こんぴらさん785段」

 

ここはこんぴらさんの最後の急階段。

撮るんじゃない、笑えんぞ。

 

 

「にいさん、お疲れ!」

785段、

運動不足もありでヘトヘトヨレヨレなのでした。

(ちなみに奥社までは1368段、登らないけど)

NIKON F3 50mm | comments(0) | trackbacks(0)

「植物の生命力」

 

この前の休みに花壇を縮小した。

その時、桜のものだと思われる太い根っこを2本切った。

たくさんあるうちの2本だと思って切ったけど、、、

今年花咲かせてくれるかなとちょっと心配になっている。

 

NIKON F3 50mm | comments(0) | trackbacks(0)