「10年目の我が家」

 

3月5日車が突っ込んだ我が家。

穴が開いた壁、歪んだサッシとサンシェード、室内の壁紙の張り替え、

吹き飛ばされたウッドデッキも

先週すべて直してもらった。

 

道行く人に

「直って良かったね〜」と声をかけられたり

事故の事を知らなかった人は

「取り外しできるウッドデッキかと思った」と言われたり 笑

またこのウッドデッキの上から

ご近所さんたちといっぱい立ち話をしよう。

8月で10年目の我が家です。

 

*******************************************************

 

専業主婦の奥さんに

「誰に食わせてもらってると思ってるんだ!」なんて言うダンナがいるんだなあ、

ケンカしてもそんな事言うのってサイテー!なんて思っていたけど

今日うちのおかんに思わず言いそうになった。

 

「お金をおろして来たから買い物して来た」と言ったら

「お金おろしても買ってくるものも作るものもいつも同じようなもんばっかりやな」

と言ったのだ。

冗談で言ったのかもしれないけど

「メニューすら考えず食べるだけのもんが文句言うな!」

「1円すら稼げんくせに!誰に食わせてもらってると思ってるんだよ!」←これは心の声

と 大きな声を出してしまった。

 

今日の夕飯からずっと一言も話してない。

もともと文句を言う人が嫌いなのと

虫のいどころも悪かったのかもしれないけど

私はいつもにい母の事ばかり考えているのに←おしつけがましいが

もうちょっと私の気持ちも考えて欲しいわ。

いつも私なりに出来る事をしてあげてるのにさ←おしつけがましいが

 

久し振りの更新が愚痴り、ごめんなー。

スマホ | comments(2) | trackbacks(0)

「私の老化はにい母を超えている」

 

最近、にい母の老化が進んでいるなあと感じる。

 

そんなにい母に

「ドモホルンリンクル買うちゃろか?」と真顔で言われる。

私の老化もかなり進んでいるんだなと感じる。

スマホ | comments(0) | trackbacks(0)

「今日のニュース」

 

本日14時頃、

高齢者が運転する車が民家に突っ込みました。

ケガ人はありませんでした。

 

 

我が家だったんですけどね^^;

ちょうど にい母はリハビリに行っていたので

ビックリせずにすんで良かった。

 

軽四に3人乗っておられて

運転していたおじいさんは「曲がり切れなかった」と。

でもこれを見ると

「どんだけスピード出して曲がったんな?!」

と言いたくなるような壊れよう。

そのおじいさんは

「運転はもうやめられ!免許返しなさい」みたいな雰囲気だった。

 

昨日植え替えした植木鉢や、

「今年はどのくらい咲くかなあ」と

咲くのを楽しみにしていた桜の木は折れてしまい、

家の壁にはヒビが^^;

保険で直してはくれるけどガックリきています。

 

 

スマホ | comments(4) | trackbacks(0)

「ムカついて描く傑作」

 

「にいさん、元気にされてましたか?」と

久し振りに話をした代理店の女の子に聞かれ

「元気よ、元気。身体は元気なんだけど、

会社にいるとムカつく事が多くってイライラする事が多いんよ」と言うと

「にいさんもそんなことあります?私ももういっぱいあって

悔しくてシャーペンの芯を何本折ったことか」と笑わせてくれた。

 

事務所でムカついてる時はマンガを描いてることが多い。

描いたマンガを机の上に置きっぱなしにしていたのをH美に見られ

「誰ですか?これ〜。にいさんですか?怖〜いww」と言われた。

 

「バカヤロウはお前なんだよ!」と言った

心の中で。

心の中で言うからイライラするんだよな^^;

スマホ | comments(0) | trackbacks(0)

「ただいま〜みたいな」

 

今月は毎日曜日、近所の神社の掃除当番に当っている。

朝7時、うちの町内会の人が集まる。

真面目な人ばかりなので嫌な顔も見せず

和気あいあいで草取りや枯葉などを箒で掃いたり

暑い中1時間ほど掃除をした。

 

神社からの帰り道、

ちょっと脇道にそれるとササキ先生んちがある。

ふらぁっと寄る。

玄関のチャイムを鳴らすと玄関の戸を開ける前から

「いらっしゃあい」と言って戸を開けたので

「どうして私ってわかるん?」と言うと

「わかるわあ、へへへ。ほれ、中に入んね。お父さ〜ん、にいさんよ〜」

と言いながら私を中に誘った。

 

中に入るとササキ先生はちょうど朝食を食べ始める時だった。

「センセーおはよー!」と言うと

「はいはい、いらっしゃい」といつもの笑顔で迎えてくれた。

「今日は神社の掃除じゃったんよー、暑かったわー。それでな、、、」

と勝手に話をしている私に

「ほれ、食べね」とササキ先生の奥さんが私の朝食を持ってきてくれた。

一緒に食べながら最近あった事を一人しゃべっていた。

 

お腹もいっぱいになった。しゃべってスッキリした。二人に癒された。

「また来る〜」と言ってササキ家を出た。

 

お盆で故郷に帰省ってあるじゃない?

こんな感じなんかな?

そんな事を思った日曜日。

 

 

スマホ | comments(2) | trackbacks(0)

「頑張れ!お母ちゃん!」

(ちょっとイジけ気味のにい母ww)

 

いつも通っている脳外の先生に

足の不調を訴えたにい母。

その先生に「リハビリをした方がいい」と言われる。

 

今まで私が何度言っても「そんな所に行かん」と

言い張っていたにい母だったけど

にい母自身足の衰えを実感しているんだろう、ついに

「行ってみようか」と言った(パチパチパチ)

 

そして今日午後から休みをもらって

通所リハビリステーションに見学に連れて行った。

なんとなくもう乗り気じゃない雰囲気を漂わせているにい母に

「建物も新しいし、明るくていいな!」と明るい声で言うと

「そうやな」と無表情な顔で言った^^;

 

行くと6人くらいの方がリハビリをされていた。

6人の方みんなが同じ動きをされていたので

私も同じように身体を動かすと、にい母も同じように始めた。

(よしよし、いい感じいい感じとほくそ笑む私)

スタッフの方も親切に話しかけてくれ、

明るい顔で話をするにい母。

そしてじっとみんながやっている様子を見ていた。

みんな自由にならない身体を一生懸命動かしている姿に

気持ちも動かされたのだと思う、

「通ってみようかな」と言った(パチパチパチ)

 

スタッフの方に通う方向で行くと伝え部屋を出た。

にい母と手をつなぎ駐車場に向かう。

「お母ちゃん、頑張ってみよな。

まだまだ自分の足で歩いて私と一緒に出掛けような」

と言うと

「うん、まだまだmicoちゃんとどこかに行きたい!」と

鼻息荒く答えた 笑

「でも、何かみんなシーンとしてやってたなあ、暗かったなあ。

お母ちゃん、行ったらみんなが元気になるように

話かけたりしてあげてな。

お母ちゃんは誰とでも仲良う話が出来る人じゃと思うとるんよ」

と言うと

「うん、明るうせんとな!」といい笑顔で言ってくれた。

 

私としてはにい母が

私以外の誰かと話をしたりふれあったりしてもらいたいと

常々思っている。

 

近々始まる通いのリハビリ。

楽しく色んな人と話をしたりして頑張って欲しいなと思う。

(子供を初めて保育園に預ける親の気持ちに似てる?笑)

 

お母ちゃん、頑張れ!

 

*****************************************************

と言った矢先、

今日は夕方長い時間歩いたせいで腰が痛いと言っているにい母。

ほんと、おばあちゃんになってしまいました。

スマホ | comments(2) | trackbacks(0)

「今日は夏至」

 

今日は夏至。

夕方、にい母とこんなことやってる時間が好き。

 

夜、窓を開けているとカエルの鳴き声が聞こえる。

梅雨の時期の好きの一つ。

スマホ | comments(0) | trackbacks(0)

「哀れな壺」

 

 

「アンタ、これなんぼするか知っとん?!!」

と言われたのは

いくら掃除してもきれいにならないトイレのドアの所に置いてある

備前焼の壺。

トイレの床掃除の後早く乾かしたいから

壊れているドアが閉まらないようにする為に

「ちょうどええが、コレ」と私が置いたのだった。

「こりゃあ何十万もするで」と言うが「そんなん知らんわ」と私。

台所の下の隅っこの方でホコリまみれでほったらかされていたのに。

私にこんな事されて初めて壺の事言うアンタが嫌いやわ!

スマホ | comments(0) | trackbacks(0)

「自由に食べて下さい」

 

「さみしそうなにいさんを見たくなから入れておいてあげたけん」

 

仕事中、甘い物が欲しくてたまらない時がある。

そんな時、

こっそりもんち君の引き出しを開けてみる。

「入ってない・・・(ガックリ)」

この時を見られていたんだなww

 

よく気が利くヤツじゃのぉ。

スマホ | comments(2) | trackbacks(0)

「初・電車通勤」

 

連休明け、

仕事もたまってることだし、いつもより少し早く行くことにした。

車のドアを開けようとしても開かない。

車の鍵の電池が少なくなってきたのかと

カバンから鍵を出して車のドアに近づけても開かない。

 

確かもんち君が

「電池がまったくなくなっても近づけると反応するよ」と言っていたような・・

でも下手なことしてピーピーと音がなっても困るので

"電車で行く"ことにした。

30年勤めて初めての電車通勤。

 

家から駅まで歩いて7分。

電車で倉敷まで5分。

倉敷で乗り換えて25分。

そこから会社まで歩いて15分。

7時には会社に着いた。

 

電車通勤、

久し振りに歩くのは気持ち良かったし

なかなかいいじゃないかと思ったけど、

たまたま今日は爽やかないい天気だったけど

これが雨や風が強い日、夏の暑い日歩くのはやだなあ、

何より電車賃が片道510円もかかるのがね、、、

 

帰りは16時32分の電車に乗りたかったので15分早く帰らせてもらった。

帰りは女子高生でいっぱい(人がいっぱい苦手)

山陽本線も学生でいっぱい。

 

やっぱり個室で音楽聴きながらパンを頬張ってコーヒーを飲みながら行く

車通勤が好きだな。

スマホ | comments(0) | trackbacks(0)