「OH MY 愛しの倫太朗」

 

このスラリとした後ろ姿の青年は誰?

 

 

友人F子の息子、倫太朗だ。

今年高3の17才。

久し振りに会った倫太朗は

背がまた高くなって

話す雰囲気はすっかり大人っぽくなっていた。

倫太朗の持つ雰囲気に私はドキドキだった。

中年のおばさんが若い男に走る気持ち、なんだかわかったわ 笑

 

最近友達の影響でカメラが欲しくなったそうで、

どんなカメラがいいとかはわからないから

「とりあえず撮ってみようや!」で

私のお気に入りの場所に連れて行くことにした。

 

前を歩く倫太朗をカメラ越しに覗きながら

こんな日が来るなんてと とっても嬉しい気持ちだった。

哺乳びんでミルクを飲ませてあげたこともあった倫太朗と

友人のF子と自転車で家を訪ねて来てくれた倫太朗と

まさか一緒に写真を撮ったりするなんて。 

この場所のどこがいいのか?と言われる私の好きな場所。

池があって、

そこからちょっと上に行くと小さな海が見えて小さな島がある、

なんてことない場所。

暖かくて風のない穏やかな日に

倫太朗とブラブラと撮り歩けるなんて。

 

ふと、昔撮った倫太朗の写真を思い出し

倫太朗に同じポーズをお願いしてみる。

「あ、その写真覚えてる」と倫太朗。

ちょっと恥ずかしそうに同じポーズをしてくれた。

感激だよ、倫太朗。

 

 

また行こう倫太朗、カメラを持ってさ!

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(0) | trackbacks(0)

「あったかくて明るい日曜日」

 

土曜日、それから今日、

とってもいい天気で今日なんか暑いくらいだった。

やろうやろうと思ってなかなか出来なかった

鉢植えの土替えがこの休みでやっと出来た。

栄養も何ももう残っていない土に何年もそのままだった鉢植えたち。

「窮屈やったなあ、ごめんなあ」

鉢の中で根がパンパンになっていた植物に謝りながら

10鉢以上土を替えてやった。

 

そんなことをやりながら

町内の文化展があるので

土曜日に盆栽を出展するキサブローさんの盆栽運びをお手伝い。

 

 

大物の鉢植えを年寄り二人で運んでいて

途中下して休んでいたので

「私持って行きますよ」と

二人で運んでいた大物盆栽をヒョイと持ち上げて会場の中に運んでいると

「おおっ!あんたー怪力じゃなあ!」と言われた。

年を取るとこんなにも力が無くなるのか?

それとも本当に自分が怪力なのか?

そんな事を思いながら

何十鉢かあった盆栽を全部運び込んだ。

 

 

今日は文化展当日。

天気も良かったしにい母も「行く」と言うので

一緒に歩いて見に行った。

町内の知った人に会って世間話をしたり、

一緒に出展作品を見たりして

とっても楽しそうなにい母を見て嬉しかった私だった。

 

大好きなササキ先生ご夫妻にも会えた。

先生の出展作品 "氷清玉潔"

透明感のある文字を堪能して

今年の文化展も無事終わりました。

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(0) | trackbacks(0)

「この町に暮らして」

 

ササキ先生んちの次に入り浸る時間が多いK谷家。

町内会長をした時に仲良くなった家の人だ。

うちから歩いて30秒の近さ。

ウッドデッキを作ったことで来客用の駐車場がなくなったのを知って

「うちはもう車ないしいつでも停めて」と言ってくれたり

あれこれと本当に親切にしていただいている。

 

この日は

「お昼にお好み焼きをするからお母さんとおいで」と言ってくれ

わざわざ迎えにまで来てくれた。

にい母と二人遠慮もせずいただきに行った。

 

ご近所さんちに"遠慮なく行ける"

こういうのが私のしたいこと。

その逆も、ね。

そういうのが嫌な人もおられるので

見極めがいるのだけど。

 

K谷ご夫妻と楽しそうに話をするにい母を見ながら

「良かったなあ、ここに家を建てて」と思うのだった。

この町に住んで来年で10年。

 

 

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(0) | trackbacks(0)

「12月、うかれるにい親子」

 

12月に入りましたねー。

 

二人っきり+1の家族、それも老婆と老女と老キンと。

何もないのは悲しいじゃないか、なので

季節の行事はなるべくやるようにしている我が家。

そういう行事ものをする時、

私は一人でも盛り上がれるタイプで、

この時期だったらクリスマス、

面倒くさいけどクリスマスツリーをごそごそと出してきて

チープなオーナメントを飾っては

「お母ちゃーん、見て、見て!可愛ゆーなったろ〜?!」と

「うん、可愛ゆーなったよ、micoちゃん」と言うにい母の言葉に

満足するのだった。

 

久々登場(?)のパジャマ姿のにい母。

12月に入ったことだし部屋の中にもイルミネーションだ!

写真で見るより可愛いんよ、そんなライトを買っておいたので

それを天井に取り付けるのを手伝ってくれた。

ほら、にい母顔がうかれてるでしょう?

そんなにい母を見て

うかれながらライトを吊るす私なのだった。

 

 

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(0) | trackbacks(0)

「やったようになる!」

 

ブログでどうでもいい今日あった事や最近あった事なんかを

一日の終りに綴ってその日を〆る

で長年自分自身リズムが出来ている(と思う)

だから結構ブログを更新している(よね?)

それが、バイトに手を出してしまい、

それにまつわって(?)あれこれ忙しくなってしまって

ブログのことを思い出すこともなくて

気付けば「おい、ブログ10日以上更新してなかったよ」と。

 

ブログを更新するのも忘れてるんだから

もちろん趣味の写真を撮ることも忘れてしまっている。

ちょっと前までは

あれほど「天の川撮りたい、撮りたい!」と叫んでいたのに、

ライカのセルフタイマーを買ったから

お母ちゃんとのツーショットを撮ろうと思っていたのに、

あと5枚ほど撮ったら現像出来るなとか思っていたのに、

思い出しもしなかった。

 

バイトで頭がいっぱいになっていて

お母ちゃんの事もキンちゃんの事も忘れていた・・・それはない。

頭も身体もいっぱいいっぱいになっていても

心の片隅にお母ちゃんとキンちゃんはいつもいた。

心の中で「待っててくれよ、もうちょっと待っててくれよ」と

言いながら、

本業の仕事にバイトに時々人づきあいもしながら突っ走っていた。

 

9月からどうなるんだろう?忙し過ぎて不安だけど

会社の日めくりカレンダーに

「思ったようにはならないが、やったようにはなる」ってあったじゃないか。

200%くらい力出したらなんとかなるじゃろう!

そう自分にハッパをかけてなんとか乗り切るわ〜!

 

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(2) | trackbacks(0)

「言霊は続くよどこまでも」

 

昨日の夕飯の後、

「お母ちゃん、明日の夕飯はどうしよう?食べるものないわー」

メインのおかずになるようなものが何も入っていない我が家の冷蔵庫を覗きながら

嘆いていた給料日2日前。

 

「鯛あげるわ。もう鱗も内臓も取っとるけん」と会社のおじちゃん。

キターーーーっ!

「ありがとうぉぉ!」(涙目)

菜箸ほどの立派な鯛だった。

にい母と私、感謝しながら鯛をいただいたのでした。

 

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(0) | trackbacks(0)

「星に願いを」

 

私が「いつか」と思っていることは「天の川を撮ること」

 

それがなかなか撮りに行く機会がない、、、と言うより

暗い場所に一緒について来てくれる友達がいないので

行きたくても、撮りたくても、出来ない。

 

それで「そんな暗い場所じゃなくても撮れるんじゃないか?」と思って

先週の金曜日、行った先はササキ先生の畑。

「へーーーー。まあ、蚊にさされんように、ごゆっくり」

と言ってくれたのはササキ先生の奥さん。

 

前からあったショボイ三脚を使おうと思っていたのに

固定するネジがなくなっていた。

なのでコンパクトカメラを設置するような華奢な、それも、

イマイチ安定感のない三脚を使った。

レリーズはないのでタイマーをセットした。

F2.8で30秒。

真っ白!

それから秒数を縮めりISO感度を上げてみたり

色々やってみたけど真っ白だったり真っ黒だったり、

写っていても普通の星しか写ってなくて全然ダメだった。

それより雲が流れてきて星を隠してしまうんだもの。

結局蚊にさされ放題で全然撮れなかった。

 

今、丁度お月さんが出ていない時。

撮りに行きたいなあと思いつつ

暗い所について来てくれる人もなく

空を見上げると曇っていて星も見えない。

「アンタには無理」と言われたみたい。

 

とりあえずしっかりした三脚の準備しおいて、

一人でも怖くない暗い場所を探してみよう。

それからだなー^^;

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(0) | trackbacks(0)

「般若心経第一弾」

 

土曜日はバイトで汗を流していました。

異常なくらいの暑さに疲労感倍増。

終わったら精も根も尽き果てて

ちょっとソファに横になったら身体中から根が生えてしまったように

身体が重くて起き上がれなくなってしまいそうだった。

ほんと、クタクタ。

 

今日はやめときゃいいのにカーテンを洗ってる間に窓掃除。

暑いわ疲れるわでやらなきゃよかったーと後悔。

もう、クタクタ。

 

そんなクタクタの身体でササ先生の家に行く。

途中やめしていた般若心経を書きに。

「先生、部屋貸してー、この前の続きやりたい」と言うと

書道教室の部屋にエアコンを入れてくれ、

先生は

私が書いている間、

部屋の隅で何やら書きながら付き合ってくれた。

 

「ヤッター!書けたあ!先生、見て、見て。

それで赤いのでいけないとこ直して」と

月謝も払わず先生に教えてもらおうとするわ、

好き勝手なことを言うわだけど

先生はニコニコしながら

「字が詰まり過ぎて息苦しい感じ、空間をあけて・・」とか

色々言いながら赤い筆で直してくれた。

 

「先生、来月も書きに来るけんよー。

言われたとこ気をつけて書くけん。ありがとうございました」と

正座をして大仰に頭を下げた。

「はいはいお疲れさん」とニコニコしながら先生は言った。

 

先生の奥さんに挨拶して帰ろうと

教室を出て先生んちの台所へ行く。

先生の奥さんが「ほれ」とアイスクリームを出してくれて

二人で食べた。

ササキ先生と奥さんと話をするのは何でもない普通の話なんだけど

何がこう私を惹きつけるんだろ?

居心地がいいのと話を聞いてくれるのと

何より二人がいつもニコニコしているのが好きなんだなー。

 

また今日もササキご夫妻に癒され

般若心経を書いて気持ちも落ち着いて

くたびれた身体もいつの間にか軽くなったような

そんな気がしながらにい母が待つ家に帰った。

 

 

 

 

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(2) | trackbacks(0)

「ストレス」

 

なかなか自分の足にしっくりくる靴を履くことがなくて

(いつもビミョーに大きい)

その靴が脱げないようにと足に力を入れている。

会社ならそんなに歩き回ることがないからいいけど

花屋のバイトはそうはいかない。

10時間以上一度も座ることなく飲まず食わずで歩き回っていると

そのうち足の裏が痛いようなダルいような、

そして足首まわりが張ってきて不快感いっぱい。

バイトが終わってしばらくしても足のだるさが抜けません。

 

 

で、新しいスニーカーを買ってしまった。

紐をキュッと結べば脱げる心配もなくなるし

靴底も多少厚いから足も楽になるだろう(と思う)

新しいスニーカーデビューは今週末。

いい感じだといいな。

ハードなバイトが続きます。

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(0) | trackbacks(0)

「プリンターがやってきた」

 

お金が手元に少ししか残らないのなら

 

<大事に取っておこう>

<使ってしまおう>

 

私はお金がないくせに<使ってしまおう>のタイプです。

それで買ってしまったあれやこれ。

その一つがプリンター。

前に使っていたプリンターがすごく古かったせいもあってか

試しにプリントしてみたらビックリするくらい速かった。

よし、これで気に入った写真をプリントしよう!と張り切っていたのに

プリントしたいような写真がなかった^^;

とりあえずプリントしたくなるような写真を撮らんとなー。

α7S + Distagon T* FE1.4/35 ZA | comments(0) | trackbacks(0)